製薬会社に大事な技術戦略

企業にとって、重要なことは、利潤を上げることですが、それをもたらすものに、企業戦略というものがあります。
一般的には、経営戦略とも言われていますが、その中には、種々のものがあります。
例えば、事業戦略というものがあり、これは企業の事業全体の見直しなどが入っています。
また、マーケティング戦略も大事な経営戦略の一つであり、顧客動向などをリサーチしたり、あるいは、広報やセールスも、この一環になるでしょう。
さらには、近年の情報化社会を反映し、IT戦略もまた、経営戦略のうちの一つです。
上記のような戦略を建てる事で、企業活動が促進され、そうして、ゆくゆくは企業利益につながることと言えるでしょう。
これらのほかにも、技術戦略というものがあり、これは、主に技術開発に関係するものと言えます。
資本主義社会においては、内部的に変革の精神が含まれていると言われています。
それはイノベーションと言われるものですが、直訳すれば、技術革新となります。
企業が利益を鑑みるために、常に自社の技術を変革することで、自然と商品の変化、そして、それらが社会変革までつながる語られます。
つまり、革命のような極端な変化がなくても、常に流動した社会が形成されるというものです。
技術戦略とまさに、この技術革新に関わるものであり、言ってしまえば、資本主義の核心部分でもあるでしょう。
技術開発は、機械産業などに顕著になりますが、製薬会社も、新薬開発を事業の中核としているため、大事な部門ともなっています。

このサイトでは、そんな技術戦略と製薬会社のことについてお話しています。
技術戦略の概要から製薬会社の開発部門との関係、さらには、顧客獲得のための技術戦略、あるいは、総合的なアプローチや今後のことについても、言及しています。
ここでの記述が、皆さんのお役に立つようであれば、うれしい限りです。